• 文字サイズ変更
  • 標準
  • 拡大
  • インプラント
  • 入れ歯

インプラント治療について

「いつまでも自分の歯でしっかり咬んで食事をしたい」と、誰もが願うことでしょう。しかし、虫歯や歯周病など様々な理由により抜歯せざるを得ない場合もあります。そういった場合に、現在多く選ばれているのが「インプラント」です。

当院では、院長自ら研修を受講し、様々な治療手法をしっかりと検証し、安全で信頼できる治療法・機器を導入しております。さらに、高品質のインプラント素材を技術的に安心な方法で製造し、患者様に提供させていただいております。

自分の歯のように咬めるインプラント

インプラント治療とは、顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上にセラミック製の歯冠を被せて失った歯の機能を補う治療法です。顎の骨に埋め込んだ人工歯根は、骨としっかり融合するため、
自分の歯のようにしっかりと咬むことができるようになります。

 

インプラントは3つのパーツで出来上がります
インプラント料金表

■インプラント体
歯でいうと歯根と呼ばれるところです。
一回目でこのインプラント体を歯ぐきに埋める手術を行います。
メーカーにより価格は異なります。

■アバットメント・上部構造
差し歯の部分です。
インプラント体の上にアバットメントと呼ばれる土台を付けて そのうえに被せものを装着します。

 

入れ歯との比較
  メリット デメリット

インプラント

インプラント

  • 自分の歯のように咬める
  • 装着時の異物感がない
  • 自然な仕上がりで人工歯だと気づかれない
  • ケア次第で長期にわたり使用できる
  • インプラント埋入には、外科的な治療が必要
  • 治療期間が長い
  • 治療費が高額
  • 医院によって治療技術の水準が異なる

入れ歯

入れ歯

  • 治療期間が短い
  • 多くの医院で治療・調整できる
  • 手入れが簡単で取り外せる
  • 比較的安価
  • 装着時に異物感があることがある
  • しっかり咬めないことがある
  • ずれたり痛んだりすることがある

インプラントは安全な治療法です

治療は入院不要、痛みや腫れはほとんどありません

インプラントを顎の骨に埋入する際には外科的処置が必要ですが、入院する必要はありません。また、麻酔を効かせてから治療しますので、手術中に痛みを感じることはありません。ただ、麻酔が切れた後に、痛みが生じる場合があります(痛み止めの服用で治まります)。

金属アレルギーの方にも安心です

インプラントに使用されるチタンという金属は、骨折した骨をつなげるプレートにも使われている生体親和性の高い素材です。体に使用しても拒否反応が起きませんので、金属アレルギーの方にも安心です。

むらまつ歯科のインプラント

インプラント治療には様々な治療手法があります。当院では、患者様一人ひとりに最適なインプラント治療をご提案させていただきます。

信頼のおけるインプラントを使用

当院で使用しているインプラントメーカーは2社。一つ目は、20年以上の実績がある老舗メーカー「バイオホライズン社」。もうひとつは、国内外でトップシェアを誇るメーカー「ノーベルバイオケア社」です。どちらの製品も質の高い治療を実現させます。

確かな技術力を保持

オペを行うのは、世界最大規模のインプラント学術団体「ICOI(国際口腔インプラント学会)」の指導医・認定医です。

最新の設備を導入

より詳しい診察ができる「歯科用CT」、CTのデータ―をもとに3次元解析する「コンピュータガイドシステム」を導入。最新設備を使い、精度の高いインプラント診療を実施しています。

すべての用具を滅菌処理

消毒器具、口腔内バキューム、白衣、キャップなどは、一回の使用ごとに滅菌消毒しています。徹底した衛生管理のもとで治療しています。

治療に集中できるオペ室

オペはプライバシーに配慮した個室のオペ室で行います。他の患者様を気にすることなく治療をお受けいただけます。

※ 上部構造については5年間の保証となります。

インプラント・All-on-4の料金についてはこちら

All-on-4(オールオンフォー)

All-on-4(オールオンフォー)

最少4本のインプラントを埋入して入れ歯のような形状の人工歯を固定する治療法。すべての歯を失った方にも対応可能です。治療は1日で済むため患者様の体にかかる負担が小さく、手術当日からしっかり咬んで食事を楽しめます。

抜歯即時インプラント

通常、抜歯後は一定期間をおいてからインプラントを埋入するのですが、抜歯即時インプラントでは抜歯と同時にインプラントを埋入します。治療当日からしっかり咬めるようになります。

精度の高いインプラント治療のために

当院では、以下のような設備・機器を導入し、精密で安全なインプラント治療を行います。

歯科用CTスキャン(3D)

歯科用CTスキャン(3D)

3D立体画像で患部を撮影できる高精度な診断機器です。従来のレントゲンでは把握しきれなかった歯と顎の状態や骨格の位置関係も、より正確なデータを得ることができるようになりました。治療前だけでなく必要に応じて治療中に撮影する場合もあります。

歯科用CTの詳細はこちら

シンプラント(SimPlant)

シンプラント(SimPlant)

CTで撮影した3D画像を用いてインプラント術前シミュレーションを行うソフトです。あらゆる角度から顎の骨の形を検証することで、インプラントの埋入角度などを正確に割り出すことができ、より安全で確実なインプラント治療が可能になります。

インプラントを長くお使いいただくために

インプラントは虫歯になることはありませんが、歯周病などになる可能性は天然歯と同様です。口腔内を清潔に保ち、万一の不具合などを早く発見するためにも、治療後は医師の指示に従って定期検診を受けましょう。

患者様目線のわかりやすい診断書「DentalX(デンタルテン)」はこちら

 

入れ歯について

残念ながら歯を失ってしまった場合の補綴治療として、もっともポピュラーなのが入れ歯です。入れ歯の歴史は古く、様々な種類がありますが、快適に使用するためには、お口にぴったり合った入れ歯をつくることが重要です。

目的に合った入れ歯選びを

入れ歯には、大きく分けて「保険診療の入れ歯」と「自由診療の入れ歯」の2つがあります。保険診療の入れ歯は最低限の機能の回復にとどまっているのに対し、自由診療の入れ歯は使用できる素材の種類が多く、自然なフィット感や咬み心地などが期待できます。

保険診療と自由診療の違い
  保険診療 自由診療
使用素材 床に使用される素材は、レジン(歯科用プラスチック)に限定されます 金属床やシリコン使用の部分入れ歯など、多くの種類があります
使用感 床に厚みがあるため、装着時の異物感が気になる場合があります レジンに比べて金属床は薄く、熱伝導率が高いため、異物感があまりありません
審美性 口を大きく開けたときに、入れ歯であることがわかりやすいです ご自身の歯や歯ぐきに近い質感の素材を選べば違和感がなく、自然な見た目です
製作・修理期間 製作期間はおよそ1か月、修理は比較的簡単です 入れ歯の種類によっては製作・修理期間が長くなります
費用 保険適用のため、経済的負担を抑えられます 保険適用のもの比べると高額です
当院取扱いの入れ歯
入れ歯の種類 特徴

金属床義歯

金属床義歯

床部分にチタン・コバルトクロムなどの金属を使用した入れ歯で、自由診療での製作となります。床は薄く、料理の熱が伝わりやすいため、自然な使用感となります。生体親和性が高い素材を使用するため金属アレルギーの心配はありません。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

「クラスプ」という金属製のバネを使わない部分入れ歯です。装着時に隣の歯を傷つけずにすみ、見た目も自然です。自由診療での製作となります。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

神経を抜いた歯の根に埋め込んだ磁石と入れ歯に埋め込んだ磁石の磁力で固定する入れ歯です。ずれにくいため快適な使用感で、手軽に装着・取り外しができるためお手入れも簡単です。自由診療となります。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

顎の骨に埋入したインプラントにより入れ歯を固定します。入れ歯がずれず、安定して咬めるようになります。自由診療となります。

入れ歯の料金についてはこちら

※料金は、症状により異なりますので、スタッフにお聞きください。

訪問診療にも対応します

介護が必要で通院が難しい方、施設に入所されている方には、訪問診療での入れ歯治療にも対応します。修理・調整も承りますので、お気軽にお問い合わせください。

「もっと快適に、しっかり咬みたい!」インプラント・入れ歯についてのお問い合わせはこちら