• 文字サイズ変更
  • 標準
  • 拡大

歯周病の治療について

こんな症状に要注意!

  • 歯ぐきが腫れてきた
  • 歯ぐきから血が出やすくなってきた
  • 歯がぐらぐらする
  • 歯と歯の隙間が開いてきた
  • 最近、口臭がきついといわれた
  • 口の中がネバネバする
  • 歯の隙間に食べかすが挟まりやすくなってきた
  • 口の中が変な味になることがある

最近、歯や歯ぐきの状態がいつもと違う」と感じたことはありませんか?上記は歯周病にみられる代表的な症状。当てはまるものがある場合、歯周病の可能性があります。

歯周病はかなり進行するまで自覚症状がない病気で、上記のような症状に気づいたときには、すでに重症化してしまっているケースも少なくありません。「痛くないから」と放っておかず、お口の中にいつもと違う感覚があったら、できるだけ早く受診するようにしましょう。

「歯周病」ってどんな病気?

歯周病は、歯周病菌が引き起こすお口の中の感染症です。日本では、成人のおよそ8割が感染し、歯を失う原因の第1位ともいわれています。

歯周病になると、まず歯ぐきが炎症を起こし、次第に歯を支える顎の骨(歯槽骨)が溶かされていきます。最終的には、歯ぐきがやせることで歯が抜け落ちてしまいます。また、唾液を介して歯周病菌が体内に取り込まれると、心臓や肺などの内臓疾患、糖尿病や脳梗塞、早産など、様々な疾患の原因となることもあります。

むらまつ歯科の歯周病検査・治療について

歯周病の進行段階を調べるためには、「歯周ポケット」とよばれる歯と歯ぐきの間の溝の深さがひとつの目安となります。そのほか、歯の動揺度(ぐらつき度合い)、レントゲン検査の結果などから総合的に判断し、進行段階に応じた効果的な歯周病治療を行います。

進行段階と治療法
進行段階 症状と治療法

初期(歯肉炎)

初期(歯肉炎)

  • 歯周ポケットの深さ 3mm
  • 歯ぐきが赤く腫れ、ブラッシングで出血することがある
  • 歯や歯周ポケットに溜まった歯垢をきれいに取り除き、自宅で適切なセルフケアを行ってもらうためにブラッシング指導を行う

軽度歯周炎

軽度歯周炎

  • 歯周ポケットの深さ 4mm
  • 歯ぐきが赤く腫れ、冷たいものがしみたり口臭がきつくなったりする
  • 顎の骨が溶け始める
  • スケーリングやルートプレーニングで汚れを徹底的に取り除く

中等度歯周炎

中等度歯周炎

  • 歯周ポケットの深さ 6mm
  • 歯がぐらぐらと動き、歯ぐきの腫れ・出血がある
  • 顎の骨が半分程度溶かされた状態
  • 麻酔をしたうえで、歯周ポケットに溜まった歯垢や歯石をきれいに除去する(歯周ポケット掻爬[そうは]術)

重度歯周炎

重度歯周炎

  • 歯周ポケットの深さ 8mm
  • 膿や出血がひどくなり、歯がぐらぐらとして抜け落ちることもある
  • 顎の骨の3分の2以上が溶かされた状態
  • 麻酔をしたうえで、一度歯ぐきを顎の骨からはがして歯根を露出させ、歯垢や歯石をきれいに除去する(フラップ手術)。場合によっては抜歯する可能性もあります。

重度の歯周病治療もお任せください

重度の歯周病治療もお任せください

当院は、「歯周ポケット掻爬術」や「フラップ手術」などの外科的処置による重度の歯周病治療にも対応しています。高精度な歯科用レントゲンや位相差顕微鏡などの設備を整え、患者様一人ひとりに最適な診療を行いますので、どうぞご安心ください。

歯周病は早期発見・早期治療が重要です

歯を失うリスクを避け、お口の健康を保つためには、「予防」がもっとも重要です。当院の歯周病予防は、エアフローを使用します。また、歯周病の早期発見・早期治療のため、位相差顕微鏡を導入しています。定期的に検査を行うことで歯周病の予防にも効果的ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

エアフローとは?

エアフローは、短時間で器具が入らない細かい歯の隙間まで汚れを落とすことができる装置です。 水と特殊なパウダーを吹き付けることで、歯を傷つけることなく、洗浄することが可能になります。

歯周病は早期発見・早期治療が重要です

患者様目線のわかりやすい診断書「DentalX(デンタルテン)」はこちら

「歯がぐらつく」「歯ぐきから血が出る」といった症状がある方は、お早めに診療予約を