• 文字サイズ変更
  • 標準
  • 拡大
  • Q&A
  • 診療の流れ

歯科治療 Q&A

虫歯を予防するにはどうすればよいですか?

虫歯は虫歯菌によるお口の感染症です。虫歯菌は、歯垢に棲みついています。歯の付け根など汚れが溜まりやすいところに注意して、毎日ブラッシングしましょう。お子様の場合はフッ素塗布により歯質を強くすることも効果的です。

歯医者が苦手で、治療が不安です。

当院では初回のカウンセリングはもちろん、治療途中もその都度、丁寧にご説明させていただきますのでご安心ください。また、当院では新しい技術や治療機器を使って可能な限り痛みを感じさせない無痛治療にも対応しています。

乳歯の虫歯は永久歯に影響しますか?

はい。永久歯が虫歯になる確率は、乳歯が虫歯である場合とそうでない場合を比べると10倍も異なります。乳歯の虫歯を甘く見て放っておいては危険です。歯並びに影響することもありますので、乳歯のケアも大切にしましょう。

子どもの矯正はいつ頃から始めるのがよいですか?

早ければよいというわけではありませんが、顎の骨の成長などに問題がある場合には早めの治療が必要です。まずはご相談ください。

ぐらぐらしている子どもの歯は、抜いたほうがいいですか?

抜歯の必要はありませんが、歯の状態によっては抜いたほうがよいケースもありますので、一度診察にいらしてください。くわしくご説明させていただきます。

小さな子どもがいて、なかなか通えません。

当院のスタッフは、みんな子どもが大好きです。お母様の治療中にはスタッフがお世話をしますので、ご安心ください。また、トイレにはオムツ交換用のベッドもご用意しています。お気軽にお子様連れでお越しください。

子どもが嫌がり、どこの歯医者さんでも治療になりません。

お子様が泣いて暴れる経験をされた親御さんも多いようですね。当院では、治療中は親御さんにもそばにいていただけます。お子様が落ち着ける環境で治療を行い、もちろん押さえつけての治療などはしません。最初は泣いていたお子様も、スタッフと仲良くなるにつれて楽しみに通ってくれていますよ。

要介護のため、通院が困難です。

当院では訪問診療を行っております。ご自宅や介護施設等へ伺い、虫歯治療から入れ歯の作製、口腔ケアまで可能です。お気軽にご相談ください。

歯を抜かないで矯正する方法はありますか?

永久歯が生えそろってから矯正を始める場合には、歯を抜いて矯正を行う場合もありますが、まだ乳歯の頃であれば、顎の成長や、歯の生え変わりを利用して矯正治療を行うケースが多くなります。当院では患者様にもっとも合った方法で治療を行いますので、ご要望なども遠慮なくお話しください。

 

診療の流れ

むらまつ歯科では、ご来院から治療後の定期検診に至るまで、患者様とのコミュニケーションを大切にし、納得していただける治療を心がけています。治療の途中でも気になることがありましたら、どうぞ気兼ねなくお話しください。

1.問診票記入、カウンセリング

お悩みや症状をお聞かせください。また、どのような治療をご希望かもお伝えください。

2.検査

カウンセリングをもとに、レントゲン撮影、CT撮影など必要な検査を行います。

3.ご説明

検査結果をもとに、治療プランや費用についてご説明します。一人ひとりに合ったオーダーメイドの提案をさせていただきます。不安なことは何でもお話しください。

4.治療

プランにご納得いただけましたら、治療を開始します。なお、治療期間は、症状やプランなどによって異なります。

5.定期検診、メインテナンス

治療後のよい状態を保つため、4ヶ月ごとの定期検診をおすすめしています。患者様一人ひとりに専任の歯科衛生士がつき、検診させていただきます。

お口の健康や治療について、お気軽にご相談ください診療のご予約・お問い合わせはこちら