Ceramics

歯を白くする治療(セラミック治療) 歯を白くする治療(セラミック治療)

前歯が欠けていたり、銀歯が気になったりする場合は、セラミック素材(陶材)を使用した治療で、自然で美しい歯に仕上げることができます。
セラミックは、患者様ご自身の歯に近い色調に調整できるため、周囲の目を気にせずに会話やお食事を楽しめるようになります。

むらまつ歯科のセラミック治療は
「5年保証」

当院で施術を行った詰め物・被せ物治療に関しましては、正常なご使用状態での破損につき、「5年保証」をさせていただきます。
詳しくは、スタッフまでお問い合わせください。

メタルフリー治療で銀歯から
「セラミック」へ

  • メタルフリー治療とは?

    メタルフリー治療とは?

    従来、詰め物や被せ物には金属を使用した「銀歯」がよく用いられていました。しかし、近年、セラミック(陶材)やプラスチック(レジン)など、金属を使用しない「メタルフリー治療」が主流になりつつあります。

  • なぜ銀歯はよくないの?

    銀歯は時間が経つとともに劣化し、唾液中に溶け出した金属成分が体内に吸収されると、全身にかゆみや肌荒れなどの金属アレルギー症状が現れることがあります。セラミックは、金属を一切使用していないメタルフリー素材のため、将来金属アレルギーが発症する心配をする必要がありません。

セラミック治療の種類と特徴

セラミック治療には、様々な種類があり、それぞれで特徴が異なるため、迷われる方も多いかと思います。下記では、簡単にそれぞれの特徴を説明していますので、見た目の違いだけでなく、長期的な使用による変化なども参考にご覧ください。ご不明な点などは、お気軽にご質問ください。

  • オールセラミック

    オールセラミック

    セラミックのみでつくられた素材で、天然歯に近い色調と質感を再現することができます。強度が高く、経年劣化による変色もほとんどないため、長期間にわたって使用できます。

  • ジルコニア

    ジルコニア

    人工ダイアモンドともいわれる素材で、オールセラミックと同様、自然な質感の美しい歯を再現できます。変色することがなく、噛む力がかかる奥歯にも使用できる強度が特徴です。

  • メタルボンド

    メタルボンド

    金属製の土台にセラミックを焼き付けた被せ物で、金属の強さとセラミックの美しさを兼ね備えています。ただし、金属によって歯茎の黒ずみや金属アレルギーが起こる場合もあります。

  • ハイブリッドクラウン

    ハイブリッドクラウン

    セラミックと歯科用プラスチック(樹脂)の混合素材です。硬すぎない素材で周囲の歯を傷つけることがない反面、耐久性が低く、磨耗や変色が起こりやすいという欠点があります。

  • ラミネートべニア

    ラミネートべニア

    前歯の変色や欠けたときに用いられる、薄い板状のセラミックです。歯の表面を少しだけ削って貼り付けられるため、治療で受ける歯のダメージが少なく、仕上がりもきれいです。