Traumatized tooth

外傷(歯のケガ) 外傷(歯のケガ)

日常生活の中での転倒や打撲、スポーツ中のケガや交通事故などによる歯のケガには、口腔外科で対応しています。ケガをした場合には、なるべく早く歯科を受診するようにしてください。

よくある外傷(ケガ)

  • 転んで歯を打った
  • 歯が欠けた・抜けた
  • 打った歯がぐらぐらする
  • 物が当たって唇が切れた
  • お口の中が切れた
  • 歯にヒビが入った

お子様の場合、学校生活の中で転倒や衝突、打撲などによる外傷が多くみられます。大人の外傷は、交通事故やスポーツ中の衝突が多くみられるため、スポーツをされている方は、スポーツマウスピースを装着されることをおすすめします。

治療方法

  • 抜けた歯の再植

    抜けた歯の再植

    歯が抜け落ちた場合には、再植治療を行います。再植とは、一度抜けた歯を元の位置に戻す治療で、抜けてしまっても、早急な処置で元に戻すことが可能なのです。抜けた歯は触ったり、ティッシュなどで拭いたりせず(傷がつくので)、口の中に入れて速やかにお持ちください。

  • 折れた・欠けた歯の治療

    折れた・欠けた歯の治療

    歯が折れたり、欠けたときは、外傷が歯の神経(歯髄)に達しているかによって治療方法が異なります。神経に影響がない場合には、欠けた歯を接着したり、欠けた部分をプラスチック(レジン)で修復する治療を行います。神経に達する外傷の場合、神経の治療や処置を行った後、欠けた部分の修復を行います。

  • 欠けたり・抜けた歯は牛乳へ

    欠けたり・抜けた歯は牛乳へ

    歯が欠けた・折れた・抜けたという場合、歯の欠片は、牛乳につけた状態でご持参ください。歯の根にある「歯根膜」という膜を乾燥から守り、保護するための保存液として代用できるのが牛乳です。学校によっては、保健室に保存液を用意しておられることもあります。保存液も牛乳も無い場合には、お口の舌の下に入れてご持参ください。

  • 切れた部分は止血を

    切れた部分は止血を

    唇や歯茎などが切れて出血している場合、清潔なガーゼなどで切れた部分を押さえ、止血を行ってください。出血している部分が汚れていたら、濡らしたガーゼなどで優しく拭いてから止血するようにしてください。

できるだけ早く受診してください

歯が抜け落ちてしまった場合、早く歯科を受診することで、抜け落ちた歯を再植(植え直す)できる可能性が高まります。歯の組織が生きているうちに処置を行う必要があるため、できるだけ早く歯科を受診するようにしてください。