Dental implant

インプラント治療について

「いつまでも自分の歯でしっかり噛んで食事をしたい」と、誰もが願うことでしょう。しかし、虫歯や歯周病など様々な理由により抜歯せざるを得ない場合もあります。そういった場合に、現在多く選ばれているのが「インプラント」です。

自分の歯のように噛める
「インプラント」

インプラント治療とは?

インプラント治療とは?

顎の骨にチタン製の人工の歯の根(インプラント)を埋め込み、その上にセラミック製の人工歯を被せて、失った歯の機能を補う治療法です。
顎の骨に埋め込んだインプラントは、骨としっかり融合するため、自分の歯のようにしっかりと噛むことができるようになります。

インプラントの構造

インプラントの構造
  • 上部構造

    「歯」にあたる部分で、セラミック製の人工歯です。

  • アバットメント

    人工歯とインプラント体を繋げる役割をしている部分です。

  • インプラント体

    歯で言うと根にあたる部分で、顎の骨の中に埋め込む部分です。

むらまつ歯科の
インプラント治療の特徴

  • 1:すぐ噛めるインプラント

    すぐ噛めるインプラント

    1:すぐ噛めるインプラント

    抜歯即時インプラント
    通常、抜歯後は一定期間をおいてからインプラントを埋め込むのですが、抜歯と同時にインプラントを埋め込み、治療当日から噛めるインプラント治療を行っています。
    All-on-4(オールオンフォー)
    4本のインプラントで入れ歯のような人工歯を固定する治療法で、全ての歯を失った方にも対応可能です。手術は1日で済むため負担が小さく、当日からしっかり噛むことができます。
  • 2:確かな技術力

    確かな技術力

    2:確かな技術力

    世界的なインプラント学術団体「国際口腔インプラント学会(ICOI)」の指導医・認定医が手術を行い、同学会の認定衛生士が患者様に合わせた治療やメンテナンスをサポートします。

  • 3:インプラント保証

    インプラント保証

    3:インプラント保証

    当院で施術を行ったインプラント治療に関しましては、インプラント体は10年、上部構造(人工歯)については、5年間の保証を行っています。(正常なご使用状態での破損の場合)

  • 4:使用するインプラントへのこだわり

    使用するインプラントへのこだわり

    4:使用するインプラントへのこだわり

    より質の高い治療になるよう、20年以上の実績がある老舗メーカー「バイオホライズン社」と国内外でトップシェアを誇る「ノーベルバイオケア」のインプラントを選定し、使用しています。

  • 5:インプラント治療をサポート

    インプラント治療をサポート

    5:インプラント治療をサポート

    不安な気持ちを取り除き、安心してインプラント治療を受けていただくために、手術前日にはお電話で体調を確認し、当日の術後にもお電話をしています。最終の被せ物が入った後には、花束をご自宅へお届けしています。

インプラント治療のための機器・設備

「より精密」なインプラント治療

  • 歯科用CTスキャン

    歯科用CTスキャン

    3D立体画像で患部を撮影できる診断機器です。従来のレントゲンでは把握しきれなかった歯と顎の状態や骨格の位置関係を確認し、治療計画や実際の処置に役立てています。治療前だけでなく必要に応じて治療中に撮影する場合もあります。

  • シンプラント(シミュレーションソフト)

    シンプラント
    (シミュレーションソフト)

    CTで撮影した3D画像を用いてインプラント術前シミュレーションを行うソフトです。あらゆる角度から顎の骨の形を検証することで、インプラントの埋入角度などを正確に割り出すことができ、より正確なインプラント治療が可能になります。

  • 衛生的な設備・器具

    衛生的な設備・器具

    滅菌・消毒の徹底
    使用する器具はもちろん、着用する白衣やキャップなどは全て滅菌・消毒を行い、徹底した衛生管理のもとで治療を行っています。
    完全個室のオペ室
    手術はプライバシーに配慮した個室のオペ室で、衛生的な環境のもと、他の患者様を気にすることなく治療を受けていただけます。

インプラントと入れ歯の違い

  • インプラントのメリット・デメリット

    インプラントの場合

    インプラントの
    メリット
    • ・自分の歯のように噛める
    • ・装着時の異物感がない
    • ・自然な仕上がりで人工歯だと気づかれない
    • ・ケア次第で長期にわたり使用できる
    インプラントの
    デメリット
    • ・インプラント埋入には、外科的な治療が必要
    • ・治療期間が長い
    • ・医院によって治療技術の水準が異なる
  • 入れ歯のメリット・デメリット

    入れ歯の場合

    メリット ・治療期間が短い
    ・多くの医院で治療・調整できる
    ・手入れが簡単で取り外せる
    ・比較的安価
    デメリット ・装着時に異物感があることがある
    ・しっかり噛めないことがある
    ・ずれたり痛んだりすることがある

インプラントを長持ちさせる秘訣

インプラントを長持ちさせる秘訣

インプラントは虫歯になることはありませんが、歯周病などになる可能性は天然歯と同様です。お口の中を清潔に保ち、万一の不具合などを早く発見するためにも、治療後は医師の指示に従って定期検診を受けましょう。担当歯科医師と歯科衛生士が術後もしっかりとサポートしていきます。

インプラントQ&A

  • Q1

    インプラント手術は入院は必要でしょうか?痛みも不安です・・・

    タップして展開

    インプラントを顎の骨に埋入する際には外科的処置が必要ですが、入院する必要はありません。また、麻酔を効かせてから治療しますので、手術中に痛みを感じることはありません。ただ、麻酔が切れた後に、痛みが生じる場合があります(痛み止めの服用で治まります)

  • Q2

    金属アレルギーが心配ですが、大丈夫でしょうか?

    タップして展開

    インプラントに使用されるチタンという金属は、骨折した骨をつなげるプレートにも使われている生体親和性の高い素材です。体に使用しても、基本的には拒否反応が起こることはありませんが、チタンアレルギーの方に関しては、異なる素材のインプラントを使用する必要がありますのでご相談ください。