MTM

部分矯正

全ての歯に矯正装置を付けて治療を行う「全顎矯正」に対して、気になる部分や問題のある部分のみを治療していくのが「部分矯正」です。
全顎矯正に比べて、比較的安価で治療期間も短いため、気軽に矯正治療を始めることができます。

こんな歯並び気になっていませんか?

こんな歯並び気になっていませんか?
  • ガタガタの歯並び
  • 八重歯
  • 軽度の出っ歯・受け口
  • すきっ歯
  • 歯のねじれ

歯並びの部分的な問題や、症状が軽度の場合には、部分矯正で治療ができるかもしれません。気になる箇所だけを治したい!という方は、一度ご相談ください。

むらまつ歯科の部分矯正

  • 01
    マウスピースで
    部分矯正

    マウスピースで部分矯正
  • 02
    ブラケット装置を
    使った部分矯正

    ブラケット装置を使った部分矯正

当院の部分矯正は、マウスピース型矯正装置「インビザラインゴー」を使用する部分矯正とブラケット矯正装置を使用する部分矯正から選択して、治療を行うことができます。
患者様のご希望を伺い、対応できるケースかどうかを確認した上で治療方法をご提案致します。

目立たないマウスピースで部分矯正

  • マウスピース型矯正装置「インビザラインゴー」とは?

    マウスピース型矯正装置
    「インビザラインゴー」とは?

    インビザラインと同じように、透明のマウスピースを使用して歯を移動させていく矯正方法です。全体矯正ができるインビザラインと異なり、インビザラインゴーは前歯に限局した部分矯正を行います。

  • 治療できる範囲は?

    治療できる範囲は?

    前歯の部分矯正が可能で、比較的軽度な歯並びの問題がある場合に適しています。
    前歯から第二小臼歯(上下10本ずつ合計20本)までを矯正することができ、上下両方でも、どちらか一方のみでも治療を行うことができます。

InvisaGo’s Merit

  • 見た目が目立たない
  • マウスピースで部分矯正ができる
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 着脱できて衛生的
  • 全体矯正のインビザラインに比べて
    安価で治療期間が短い

インビザラインゴーの注意点

  • マウスピースの装着時間(1日20時間以上)を守っていただけない場合、治療が進行しません。
  • 奥歯の治療を行うことができず、軽度の不正咬合にしか対応できません。
  • 装置の適合性やお口の中の状態を確認するために定期的に来院していただく必要があります。
  • インビザラインゴーは完成物薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

MTM

ブラケット装置を使った部分矯正(MTM)

気になる部分や、問題のある部分に「ブラケット」とよばれる矯正装置とワイヤー(針金)を用いて治療を行う方法です。
ブラケットを使用した部分矯正では、インビザラインゴーで対応できない歯並びにも対応することができます。

ブラケット部分矯正はこんな治療が可能

  • 埋伏歯の治療

    歯茎や骨の中に埋まってしまって生えこない歯のことを「埋伏歯」といいます。
    必要な歯が埋まってしまっている場合には、部分的に矯正装置を装着して埋伏歯を引っ張りだす治療を行います。

  • 隙間を閉じる治療

    インビザラインゴーでも隙間を閉じることができますが、適応範囲が前歯に限定されているため、奥歯にある隙間には対応できません。ブラケット部分矯正の場合、どの部分の隙間でも治療することができます。