Self care

セルフケア

お口の健康を保つためには、歯科医院で受けるメンテナンスだけでなく、ご自身で行うホームケアを適切に行うことが重要です。それぞれの患者様に合った方法をお伝えいたしますので、普段のケアで悩まれていることがあればお気軽にご相談ください。

Support

  • お口の変化に合わせて指導

    お口の中のチェック

    一貫して同じ衛生士が担当することで、お口の中に変化があった場合に気付くことができ、その状態に合わせて指導を行うことができます。

  • 患者様の磨き方の癖を把握

    患者様の磨き方の癖を把握

    患者様の磨き方の癖や苦手な部分を把握することができ、そこを重点的に指導することで、効率的にセルフケアを行っていただくことができます。

  • 一緒に「できる方法」を考える

    一緒に「できる方法」を考える

    患者様との会話から、生活背景などを知ることができます。それを踏まえて患者様が「これならできそう!」と思える方法をご提案しています。

Suggestion

どんなに歯科医院でメンテナンスを受けていても、普段の歯磨きなどのセルフケアが適切でないと、虫歯や歯周病から歯を守ることができません。それぞれの患者様に合った方法をご提案しますので、担当衛生士と一緒にセルフケアを見直していきましょう。

  • 歯磨き

    歯磨き

    患者様の磨き方の癖や苦手な部分を把握した上で、歯磨き指導を行います。また、患者様の歯並びや歯磨き圧に合った歯ブラシの選択についてもアドバイスしていきます。

  • 糸ようじ・フロス

    糸ようじ・フロス

    歯ブラシだけでは、歯と歯の間の汚れを取り除くことはできません。糸ようじやフロスを使用することで、歯ブラシでは届かない部分を清掃する必要があります。

  • 歯間ブラシ

    歯間ブラシ

    歯と歯の間に隙間がある方や歯と歯茎の間に隙間がある方は、歯間ブラシを使用したケアが適しています。患者様に合った歯間ブラシのサイズをご提案いたします。

  • ワンタフトブラシ

    ワンタフトブラシ

    矯正治療中の歯や、歯と歯が重なっている部分、奥歯の磨きにくい部分を磨くのにぴったりの歯ブラシです。普段の歯ブラシにプラスするだけで、効率よく磨き残しを減らすことができます。

  • 歯のミネラルパックで歯質強化

    歯のミネラルパックで歯質強化

    歯を構成するミネラル(カルシウムやリン)は、お口の中が酸性になるたびに溶け出してしまいます。ペーストを使用することで、ミネラルを補給し、歯質が強化され虫歯予防につながります。