Prevention of tooth decay in children

小児・子供の虫歯予防 小児・子供の虫歯予防

虫歯になりにくい子に育てるために
当院では、「予防」に重点をおいた診療を行っております。歯は一生使っていく大切なものです。ただ単に虫歯などの治療を行うだけではなく、お口のメンテナンスを行うことが必要です。将来、歯に困ることなく、健康で充実した人生を送るために、子供の時期から予防に取り組むことは、大きな意味があると考えています。

お子様の歯の予防、
当院にお任せください!

  • 担当衛生士がしっかりサポート

    担当衛生士がしっかりサポート

    当院では、お子様一人ひとりに専任の歯科衛生士がつくシステム「担当衛生士制」を採用しています。担当の歯科衛生士がコミュニケーションを取りながら、責任を持ってサポートしていきますので、担当するお子様との信頼関係をつくるとともに、わずかなお口の変化も見逃しません。お子様の歯の予防のことなら、当院にお任せください。

  • シーラントによる虫歯予防

    シーラントによる虫歯予防

    奥歯の溝の形状は複雑で、汚れが溜まりやすく、注意して歯磨きしていても虫歯になりやすい部分です。特に生えたばかりの永久歯は歯質が弱いため、予防が必要です。当院では、奥歯の溝などをプラスチックでコーティングする「シーラント」を行うことで虫歯予防を行っています。歯を削ることもなく、保険診療で受けられる処置です。

  • フッ素+トリートメントケアで歯質強化

    「フッ素+トリートメントケア」で歯質強化

    クリーニングの仕上げには、歯質を強化することができるトリートメントケアとフッ素塗布を行っています。専用のペーストを使用したトリートメントケアでは、歯の表面を汚れが付きにくい滑らかな状態にして、フッ素ではレーザー照射を同時に行うことで吸収率を高めて(従来の1.5~2倍の効果)未成熟な乳歯の歯質を強化します。
    ※フッ素のレーザー照射は自費診療時のみ

  • スタッフ全員子供好き

    スタッフ全員子供好き

    当院のスタッフは、全員が子供好きで、お子様の対応に慣れています。お子様が歯医者嫌いにならないよう、優しく対応しますので、安心してお任せください。また、今は歯医者が苦手なお子様も、少しずつ慣れていただけるように根気強く、一緒に取り組んでいきましょう。お子様の頑張りには、たくさん褒めてあげてくださいね。

お子様を虫歯から守る
3つのポイント

  • 歯医者嫌いにしない!

    1:歯医者嫌いにしない!

    お子様が「歯医者=痛い・怖い」というイメージを持ってしまうと、どうしても足が遠のいてしまいます。また、幼児期に歯医者さんへの恐怖心が植えつけられてしまうと、大きくなってもその恐怖心はなかなか消えません。歯医者嫌いにしないためには、「歯が生え始めた頃からの定期検診」をおすすめします。定期検診での予防処置には痛みがないので、歯医者さんに対して怖いイメージがつきにくくなります。

  • 歯磨き・うがいが好きな子に!

    2:歯磨き・うがいが好きな子に!

    歯磨きが好きな子に育てるには、「歯磨きやうがいをすると、口の中がサッパリして気持ちがいい!」という感覚を小さな頃から感じることが必要です。
    歯磨き好きにするために、こんな工夫はいかがですか?

    • ガーゼでお口を優しく拭くなど、まずはお口に触れることに慣れてもらう
    • 歯ブラシを持ったりくわえたりする遊びから始めてみる
    • 歌を歌ったり、ご機嫌になれる音楽をかけるなど楽しい雰囲気をつくる
    • 親御さん自身が楽しそうに歯磨きをしているのを見てもらう
  • 甘いものの摂りすぎに注意!

    3:甘いものの摂りすぎに注意!

    虫歯の原因である虫歯菌は、糖分が大好物です。甘いものを食べると虫歯になりやすいというのは、虫歯菌の大好物である糖分がたくさん含まれているから。お子様の歯の健康のために、甘いお菓子は控えめにしてください。また、飲みものも糖分を含まないお水やお茶をメインにしてあげましょう。